HOME > 新築 施工例 > 新築住宅 > 性能と木のぬくもりにこだわった平屋住宅 

性能と木のぬくもりにこだわった平屋住宅(長期優良住宅)
T様邸(焼津市)


「平屋の和風住宅で木のぬくもりが感じられる家にしたい。」とのご希望をいただきました。
むくりの瓦屋根の本格的な和風住宅に、雨戸の戸箱や目隠しのルーバーを木製にしたことで暖かみのある外観になりました。
家の中も、シューズクロークやキッチンカウンター・収納に杉材をふんだんに使い、広々とした22帖のLDKと続き間の和室の天井に見える太鼓梁は純和風になりきらず、若いご夫婦のくつろぎスペースのアクセントになっています。
建物からどのくらい熱が逃げていくかを数値化した「Ua値」というものがあります。数字が少ないほど暖かい家ということになりますが、静岡県の目標値が0.87に対し「0.47」ぬくもりを感覚だけでなく数値でもわかっていただけるお宅になりました。
 


 
「和風の家に育ったので、和風の家がいいと思いました
 
二年ほどアパート住まいをしていましたが、家賃手当が出るわけでもないのでもったいないなと思っていました。妻も私も和風の家で育ったので、建てるならやっぱり和風の家がいいと二人で話していました。どこの会社にしようか考えている時に、見学会の広告が入って焼津の家(街中にある二階リビングの家)を見させてもらいました。洋風ではあるものの、材木をたくさん使っていて木のぬくもりを感じる家でした。
その後ホームページを見て、自分たちの希望している和風の家も作っていることを知り連絡を取らせていただきました。すぐに修平さん(次男)から連絡が来て、次の完成予定の家の見学会を案内してもらいました 。(木目の美しい大きな庇のある家)こちらの家も木をふんだんに使ったいい家でした。
 
「土地探しから付き合ってもらいました。
 
家を建てようとは思ったものの、土地も全く決まっていなかった私たちの為に色々な土地情報を持ってきてくれました。家のプランも私たちの希望を聞いて何度も書き直してもらいました 。「和風」「平屋」「むくり屋根」と色々言ってしまいましたが、そんなわがままも聞いてもらったうえに、補助金のことも教えていただいて助かりました。
 
  「使いやすい、住みやすい家です。
 
外壁の色も色々考えてサンプルを作ってもらいました。和風だけど、自分たちらしさのある面白みのある楽しい感じを出したくてピンクにしました。友人にも目印として分かりやすい家だねと言われています。布団も干せるように手すりを取り付けてもらったウッドデッキも希望通りのものになり、すごく使いやすくて取り付けてよかったなと思っています。
一度目の冬を越しましたが、いまだに暖房は付けていません。各部屋の温度差も感じないし、床板も無垢板で暖かくて気持ちいい住みやすい家です。