HOME > 新築 施工例 > 新築住宅 > 本格的な和室がある平屋ゼロエネの家 

本格的な和室がある平屋ゼロエネの家(長期優良住宅)
 
S様邸(島田市)


東西に長い敷地に、全室南面となる平屋の家を計画しました。
家づくりの検討期間は2年ほど。
ハウスメーカーで見積もりを取り検討されていましたが、しっくり来なかったこともあり、ヤマタケの平屋の家の完成見学会へお越しいただいたのをきっかけに計画が進みました。
外観はおおらかさを感じる瓦屋根の純和風仕上げ。特徴は屋根下で窓の庇になる日本霧よけ。雨の侵入を防ぐ役目とともに、長くなる屋根部分のデザインが引き締まるようご提案しました。
室内は京都の数寄屋が好みの息子さんの意見を取り入れ、玄関前の坪庭を挟んで本格的な和室のゾーンがあります。こちらでは大工さんだったお父様の作業小屋で保管されていたヒノキ材を製材し直し、化粧材の廻り縁や竿として使っています。
天井仕上げの種類も豊富で大工さんの仕事が沢山見られます。太鼓梁が見えるリビングは、お母様と娘さんの部屋それぞれとつながっています。
お母様からは「太陽の光がいっぱいで、温かく過ごせます。この年(90歳)になって、こんな素敵なことがあるなんて、いい家に住めるのは嬉しいです」と感想をいただきました。
 
▶工事の過程はこちら