HOME > リフォーム 施工例 > リフォーム 施工例 > 耐震リフォーム > I様邸 

子供の成長にあわせて安心の住まいにリフォーム
I様邸(藤枝市)


before
after
before
after
before
after

施工部位/耐震・間取りリフォーム
 
以前、農業倉庫を離れにリフォームしたお施主様(農業倉庫から新しい夫婦の新居へ)家族が増えて家が手狭になってきたとご相談を受けました。
そこで、以前のリフォームで農業倉庫としてそのまま残していたスペースを寝室にするリフォームをご提案しました。
また、地震に対しても不安があるとお聞きしたので、地震が来た時に家自体にかかる揺れを抑える作用のある制震ダンパーを12ヶ所取り付けました。
小さなお子様が安心しておやすみ出来るように、安眠効果のある杉板を天井に使用しました。
 
施行中の様子

 
「倉庫をリフォームしたので耐震面が不安で・・・」
 
子供が大きくなって勉強机を置く場所が欲しいと思い、母屋と離れをつなげることを希望していました。
離れのリフォームもお願いし、母屋の新築もやってもらっているヤマタケさんなら構造もよくわかっているので、迷わず連絡しました。そこで色々相談に乗ってもらい家族とも相談した結果、車庫と物置をリフォームして部屋を増やすことにしました。合わせて 、車庫をリフォームした離れで、耐震が普通の家と比べて大丈夫なのかも気になっていたので、2年前に母屋に取り付けた制震ダンパーという装置を離れでも取り付けてもらいたいと思い相談に乗ってもらいました。
 
「梁が見えてかっこいいおしゃれな部屋になりました。」
  
元々が倉庫だったので、梁が見える天井でしたが圧迫感がないようにうまく梁を活かしてもらい、梁が見えることでかっこいいおしゃれな部屋になりました。
子供が大きくなるにつれ荷物が増えてきたので、収納をできる限りたくさん作ってもらいました。
あと、照明にもこだわりがあって、私は暖かい暖色系の明りが好きで主人は蛍光色が好きなので、今回の工事で調光できるライコンに取り替えてもらいました。夫婦でそれぞれのシーンごと使い分けれるようになったので、主人が帰る前の私と子供の時は暖色系に、主人が自分の時間を楽しむときには蛍光色にと、お互い好みの色に変えています。
 
  「エアコンが利いて快適な寝室です。」
   
  今までの寝室はロフトだったので、リビングの音が響いて寝れないことや、エアコンの調整が難しく夏は暑くなってしまうこともありましたが、個室になったのと合わせて断熱材も入れてもらったのでエアコンの効きが良くて、音も響かず静かな寝室になりました。おかげで子供たちもよく寝てくれて落ち着く寝室になりました。
以前のリフォームの時に高いところの窓をジャロジーにしてもらったんですけど、開けることもなくただただ掃除が気になる場所でした。今回の工事でその窓も開かない窓に変えてもらったので悩みが一つ解消しました!