歳を重ねても過ごしやすい家
S様邸(藤枝市)


before
after

キッチンはパナソニックのリビングステーションV-styleを使用。対面キッチンにしたことで作業中もリビングが見通せ、開放的な空間になりました。
高齢な方の事故で多い、ガスの炎からのやけどを防ぐため、IHに変更しました。浄水器と食洗機も取付けています。


before
after

タイル張りだった浴室をパナソニックのリフォムスへ。シロアリなどで傷んでいた土台を新しい物へ変え、材木には防蟻処理をし、湿気対策にコンクリート打ちをしました。
浴室の床を「スゴほかフロア」にしたので冬の浴室に入る時に感じる冷たい一歩目を解消しました。
また、三箇所に手摺りを設置し、さらに手摺りを兼ねた小物置きも設置しました。


before
after

トイレは節水タイプのアラウーノVにしました。タンクレスのトイレなので、別に手洗い器も付けました。
腰板・サッシはそのままで、クロスを貼りかえて手摺りも取付けました。どうしても、増えてきてしまう消し忘れの予防に照明・換気扇は人感センサーの物にしました。

施工部位/キッチン・浴室・トイレ
 
自分達と共に年齢を重ねてきた家を高齢なお母様と自分達の今後も考え過ごしやすくするために、老朽化の気になる水廻りをリフォームしました。その際、段差や手摺り・浴室の寒さ対策を合わせて行いました。ご相談いただいているうちに、脱衣室に床暖房を取付けることになりました。


「高齢な母も過ごしやすく」
 
自分達の老後に備えた生活と、おばあちゃんの高齢に対する備えを兼ねて、以前からリフォームをしたいと考えていました。
親しくしている友人から、しっかりした仕事をしてくれるからと、建築の会社を紹介してもらいました。担当の方が女性で同じ主婦だったのでいろいろ話しやすく、やってもらうことに決めました。
おばあちゃんもお風呂は温かくしたいと要望があり、床暖房がついてまわりが断熱されているものを提案してもらいました。窓もペアガラスに変えました。手摺りもいろいろ付いていて、おばあちゃんも安心して入浴できます。洗面所にも床暖房をつけてもらいました。今から冬になるのが楽しみです。
LDKは壁紙を張り替え、対面キッチンにしたのでとても明るい感じになりました。
仕事をしてくれた職人さんたちも皆いい人たちばかりで、お願いしてよかったと思っています。