家づくりのこだわり

大工が作る家具の話② ヤマタケの大工が作る家具の特徴

2020年08月01日
 

こんにちは!!ヤマタケ建設の竹田陽平です。
 
先日お話した大工が作る家具の話①  >>スタッフブログ に続いて、今回はヤマタケの大工が作る家具の特徴を解説したいと思います!
 
一つ目の特徴はジャストサイズでピッタリ作れることです。家具屋で購入した家具を置く場合は、置きたいスペースにピッタリ収まる家具を見つけるのはとても大変です。また搬入する時の事を考えて少し小さめのものを選ばざるを得ないこともあります。しかし、大工制作の場合は現場で加工して組立、取付けができるのでピッタリサイズで作成できます。無駄なスペースが生まれる事もありません。

キッチン収納制作中



完成

 
二つ目は、コストを抑えられることです。家づくりの工事全体を担う大工さんにまとめて作業してもらえるので、コストに無駄がありません!言い換えると、家具職人にオーダーしたり家具屋で置き家具を買ってきたりすると、そのための費用が家づくりとは別にかかるということです。

和室の花器収納を作成中



完成

 
三つ目は、僕をはじめプラン作成を担当するスタッフが間取りと同時に家具も考えますので、検討中でも暮らしのイメージが湧きやすくなることです。

書斎に本棚を取り付け
収納するものに応じてピッタリサイズで制作



ヤマタケの家は完全に自由に設計です。パースで空間を見ながら打ち合わせするので家づくりがきっと楽しくなるはずです!  >>スタッフブログ パースのご提案 そのような良いところがある反面、やはり繊細な加工や精密さで比べると家具職人が作ったものに軍配が上がります。当然、物によっては家具職人や家具屋で購入したほうがいいものありますね。

大工が作る家具は、お客様の要望に応じて世界に一つだけのオリジナルです。そして家と同じで家具も長く使うものになります。

タモの板材
ローテーブルを制作します



米松を木取り、加工
ソファーを制作します



ローテーブル制作中



形ができてきました



タモのローテーブルと米松のソファが完成



無垢の材木の経年変化が味となって家族の思い出とともに愛着がわいていく存在になってくれるととてもうれしく思います。