HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 現場日記 > 20200828 

現場日記

外壁補修工事

2020年08月28日
 

今日もご訪問ありがとうございます。

外壁塗装工事中に外壁の不具合がわかり、外壁をはがして補修工事を行いました。

塗装工事中



外壁は耐水ベニヤにモルタルを塗った外壁材。
塗装中に西側のやぎり部分に膨れを発見、押してみるとプクプクして表面が浮いている感触です。



ベニヤとモルタルが剥離し隙間ができ、モルタルは手でもぼろぼろと剝がれてしまいました。



室内にはまだ雨漏りは見られませんでしたが、このままでは将来ひび割れや剝がれ・雨漏りを起こし、建物を傷めてしまいます。

塗装は中断してモルタル壁の補修を行いました。

解体



モルタル壁の下地を施工



防水紙を施工



このあとラス網を張りモルタルを塗り、塗装をして仕上げます。

今回は外壁塗装の際に外壁の不具合を見つけることができました。足場を組む塗装工事の機会には、普段見ることができない高い場所も点検して、将来トラブルが起きないようにメンテナンスすることを心がけています。