HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 私たちについて > 20201203 

私たちについて

ヤマタケ建設の環境への取組 ゴミの処分について

2020年12月03日

 

こんにちは。
ヤマタケ建設の竹田恵子です。

今日は私たちが普段、取り組んでいる日常的な環境への取組みをご紹介します。微力ながら、私たちにできることを協力していきたいと考えています。
 
一つは、ゴミの分別です。藤枝市では家庭のゴミの分別を他の市に比べて細かく行っています。ゴミ分別を行うことは面倒に感じるかもしれませんが、慣れればそんなに大変なことではありません。リサイクルできるもの、そうでないものを分けて処分する。それがCO2削減に役立っていることが分かれば、これからの子供たちにとってもとても価値があることだと思います。

     
 
当社でも以前からゴミの処分(建築用の資材)は細かく分別を行っています。ただ産業廃棄用のボックスに捨てるだけであれば簡単ですがCO2削減にはなりません。そのため、家庭でのゴミ分別と同様に、建築現場、事務所、大工作業場で私たち従業員をはじめ、職人さんたちにも協力してもらいながら行っています。

PPバンドはリサイクルできます
     

大工さんも協力 細かい挽き粉に分別
     

ゴミ分別表 関係者で共有しています
     

プレナくず
     

無垢板の木切れ チップになります
     

サイディングとケイカル板
     

プラ・PPバンド・防水シート他
     

プラスターボード
     

段ボール
     


小さなことだからこそ、いつもみんなで力を合わせて行うという心がけを忘れずに、ゴミの処分を行っています。

◆ヤマタケ建設の環境への取組 
大井川流域の県産材を仕入れる理由 はこちらへ