HOME > 施工例 > 新築住宅 > 夫婦二人の暮らしにちょうどいい平屋 

夫婦ふたりの暮らしにちょうどいい平屋
Y様邸(藤枝市音羽町)


元々二階建てのお住まいを減築して平屋にするというリフォームの計画もありましたが、思い切って平屋への建替となりました。
プランニングにおいては、なるべく今までの慣れ親しんだ間取りと変えてほしくないというご要望から、基本的には今までのお住いと同じ間取りで計画してあります。
そこで、特に力を入れたのが耐震性と断熱性の向上です。今までと同じ間取りでお住いの性能を飛躍的に向上させました。


 
「誠実に何度も足を運んでくれました。
 
築50年ほどたち、水廻りが5~6年前から気になりはじめ、 見学会に行った時に陽平さん(長男)に会いました。
なかなか意見の決まらない家だったのですが、そんな中でも誠実に何度も来てくれ、その後の見学会にも招待してくれていろいろ見せてもらいました。
家族の意見が新築の方向にまとまり、具体的になってきたときに息子から「いろんな会社に聞いてみた方が良い 。」と言われ、何社かに見積りを出してもらいましたが、私の中では材木も自社でやっているし、今までの陽平さんの姿を見て、今後もお付き合いをしていけるヤマタケさんにしようとずっと前から実は決めていました。
 
「木の香りがする。
 
こんなに木を使った家が今は少ないせいか、来てくれるお友達がみなさん「木の香りがする。」と言ってくれます。私たちくらいの年齢の人はこういう木の家がいいって思っているみたいです。 住み始めて数カ月ですが、以前の家は隙間風が吹いて寒かったのですが、今は外から帰ってくるとホワッと家の中が暖かくてストーブをつけることもほとんどないので、ストーブは捨ててしまいました。
あと、職人さんも誠実にお仕事をしてくれる方で、近所の方達もすごく褒めてくださってました。本当にありがとうございました。