HOME > 品質を追求する 

強さと安心を生む、太鼓梁と貫工法


伝統工法による住まいのよさは、日本の気候風土にしなやかに順応し、長い年月を経ても変わらない居心地を与えてくれるところにあります。金物に頼らない木組みやその強さ、暮らしの変化に応える柔軟な間取りなど、それはまさに創意と工夫の集大成であり、確かなつくりを生み出す仕口や継ぎ手などは、日本の匠ならではの知恵と技の結晶といえます。
ヤマタケ建設の骨組みには、丸太の側面を削ぎ落とした「太鼓梁」と呼ばれる曲げ強度の高い梁を使い、仕口においては墨付けと手刻みによる精緻な仕事で高い強度を実現します。さらに梁と梁は継ぎ手で結び、柱と柱は横木でつなぐ「貫工法」と呼ばれる鎌倉時代より伝わる工法を取り入れています。筋交いと構造用合板で耐力壁を固める木造軸組工法に比べ、貫工法は揺れや変形が生じやすいといわれますが、逆にそれが粘り強さにつながることが実証されています。

丸太の側面を削ぎ落とした
曲げ強度の高い「太鼓梁」

梁と梁は継ぎ手で結び、
柱と柱は横木でつなぐ「貫工法」

地域の匠とともに


設計の上での品質の検証と同様に、施工の現場における品質の検証なくして、質の高い住まいは実現できません。その施工現場の中心で、品質を厳しく見極めるのが現場監督です。現場監督には設計図を正しく読み、部材の一つ一つの寸法を示す施工図をつくり、職人たちを束ねて施工を着実に進めていく力、さらにその品質の徹底管理が求められます。
そして、この現場監督と同じく、現場でカギを握るのが、その土地の風土と暮らしをよく知り、地域への愛と誇りを胸に高い知恵と熟練の技を有する匠たちです。とくに木をはじめ、自然素材を採り込んだ住まいでは、職人の差が住まいの品質にはっきりと表れてしまいます。石の挽き方、壁の塗り方、屋根の葺き方、どれ一つを疎かにしても表情、美しさは変わり、心地よさに格段の差が出ます。
ヤマタケ建設では、大工から鳶、左官、建具師、畳師、板金にいたるまで、確かな技を備えた地域の匠たちとともに、良質な住まいを丁寧につくりあげます。

つくり手が守り手


私たちの仕事は家を建てたら終わりではなく、むしろ建ててからが住まいづくりのはじまりです。時間の経過とともに、家族が増えたり、子供が巣立ったりと環境や暮らし方に変化がつきものの住まいでは、その変化に対応できる柔軟性や可変性が欠かせないのはもちろんですが、建てた後も住まい手とのつながりを大切にしながら、永く住み続けていただくためにお手伝いすることもまた、私たちの大事な仕事の一つです。時には不測の事態や不具合が生じることもあり、その際の修理や部材・設備の交換、屋根や外壁の維持管理、さらにはリフォームの要求などにもしっかりと対応する責任があります。
「私の家はヤマタケ建設が見守ってくれている」という信頼感こそが、家づくりにおいて一番大切なことだと考えています。

お家のメンテナンスの仕方や、暮らしの知恵などを掲載した暮らしの情報誌「家まもり通信」を、3ヶ月に1回全OB施主様に手渡しでお届けしています。

定期点検